FX 通貨ペア

FXの通貨ペアとは何か

通貨ペアとは、取引対象の通貨の組み合わせのことをいいます。
通常、2つの通貨ペアは/(スラッシュ)区切りで表示されています。
通貨ペアの取引を買うということは、/の右側にある通貨を売って左にある通貨を買う
ということになります。

 

例えば
「米ドル/円」を買うということは、円を売ってドルを買うということです。
「米ドル/円」を売るということは、円を買ってドルを売るということです。

 

株式の場合は、どの証券会社でも取引可能な銘柄は同じですが、
FXの場合、株と違ってFX業者によって取引できる通貨ペアはFX業者によって違います。

 

取引したい通貨ペアの扱っているFX業者が少ない場合は、FX業者を選定する1つの
ポイントになります。

 

FXの初心者が通貨ペアを選ぶ場合の考え方

 

FXは、少ない証拠金のレバレッジをかけて証拠金の何倍もの金額を取引します。
このため少しの値動きが致命的な損失を与える可能性があり、事前に十分なリスクの
対策を行っておく必要があります。

 

このように考えると初心者が通貨ペアを選ぶ際の基準は、通貨ペアを多く取り扱っている業者
から適当にピックアップするというものではありません。

 

基本的には、流通量が多く値動きが激しくない通貨ペアを取り扱うべきです。
いわゆるメジャー通貨と呼ばれる通貨ペアです。

 

メジャー通貨というのは、具体的には以下の通貨ペアです。

  • 米ドル/円
  • ユーロ/円
  • ユーロ/米ドル
  • ポンド/米ドル
  • 豪ドル/米ドル

 

どの通貨ペアを選定するかというのは、運用スタイルにも大きく影響します。
スワップ金利を狙うのであれば、高金利の通貨ペアを選定する必要があります。